熊本ラーメン黒亭 (こくてい)

その味がカップラーメンにもなったことのある熊本ラーメンの
黒亭さん(こくていと読みます)

2012081922330123.jpg

熊本ラーメンの特徴であるマー油が香ばしくって美味しいです。

コクと旨味のある豚骨スープは昔ながらの熊本の味だといえるでしょう。

近くまで行ったら是非食べてみたいラーメン屋さんです。

黒亭 (こくてい)
場所 熊本県熊本市西区二本木2-1-23
posted by 九州豚骨ラーメン at 09:54 | 熊本県

熊本県 玉名市 大輪豚骨ラーメン

熊本県玉名市にあるという名店豚骨ラーメンの大輪のラーメンの
味がカップ麺で再現されて登場しました。

2012062810400000.jpg

実際には本物の大輪のラーメンは食べたことが無いのですが
このカップ麺はたぶん限りなく本物に近く再現されていると
思います。

その感じから濃厚でコクのあるスープは少しニンニクが効いていて
とても美味しいです。

2012062810480000.jpg

色は豚骨でよくある白色ではなく少し茶色ぽい感じなのでもの
スゴクこってりしているように見えますが、意外に見た目よりはアッサリって
感じです。

レトルトに入っていた豚バラのチャーシューもとても柔らかくって
美味しかったです。

インスタントカップ麺でも十分に美味しい大輪の豚骨ラーメン
ですがたぶん本物はもっと美味しいのでしょうね。

ちなみに大輪さんのお店の場所は熊本県玉名市1177−4に
あるそうです。

機会があれば是非本物を食べにいってみたいです。
posted by 九州豚骨ラーメン at 09:09 | 熊本県

八ちゃんラーメン

太宰府市にある美味しくって人気のあるお店八ちゃん
のラーメンがとかち麺工房よりカップ麺化され販売されました。

2012040620590000.jpg

もちろんこの商品は八ちゃんの店主が監修したものです。

福岡県の名店の味を再現したこのカップ麺の肝心のお味の
方はいかがでしょうか?食べてみましょう。

2012040621060000.jpg

とっても濃厚な豚骨スープです。インスタントカップ麺で
ありながらまるで長時間豚骨を煮込んで作ったようなドロドロ
としたかなり粘度がありおいしいです。

しかしなんですね。こういったスープが粉末スープの素と
液体スープの素で再現できるのですから、最近はインスタント
ラーメンの技術という物も凄いですね。

麺はとかち麺工房のお得意のノンフライの氷結乾燥麺は
コシがありツルツルシコシコでおいしいです。

あとちょっと小ぶりではありますがレトルトに入っていた
チャーシューも柔らかくっておいしかったです。

八ちゃんラーメン太宰府店の場所と営業時間、定休日を一応
記載しておきますね。

八ちゃんラーメン 太宰府店(はっちゃん)
場所 福岡県太宰府市国分1-1-38
営業時間 昼11:00〜14:30 夜18:30〜24:00
定休日 日曜・火曜
※この情報はこのブログの記事を書いた時点のものです。
posted by 九州豚骨ラーメン at 17:38 | 福岡県

マルタイ 博多長浜ラーメン

マルタイといえば棒のラーメンで有名なメーカーですね。
昔からあるけど今でも時々食べます。

そんなマルタイさんからは博多長浜とんこつラーメンのカップ麺も
出していたんですね。

スーパーに置いてあったので買ってみました。

2012032304380000.jpg

ちなみに長浜ラーメンとは博多ラーメンと同じ物です。

こだわりの麺、自信作と書いてありますがお湯で戻す時間はわずか
カップ麺の中では90秒と早い方です。

このあたりも極細の麺の長浜ラーメンと同じですね。

実際に作って食べてみました。

2012032312120000.jpg

極細の麺はインスタントですが食感など博多豚骨ラーメンに
使われる麺に近いものがあります。

スープはもちろん豚骨スープで適度に効いたコショウの
スパイシーさと胡麻油の風味が調和して美味しいです。

このシリーズにはマー油の入った熊本ラーメンもありますので
次回はそれを食べてみようと思います。
posted by 九州豚骨ラーメン at 09:08 | ラーメン小話

豚骨ラーメンの缶詰

ラーメンの缶詰というのはご存じですか?色々と種類がありますが
豚骨味のラーメンの缶詰もあります。これらの商品の始まりは
秋葉原でおでんの缶詰として商品化されたのが最初でヒット商品
になったため次のバージョンとして販売された物です。

最初は札幌ラーメン缶というのしかありませんでしたが今は
様々なものがあるようです。

豚骨ラーメンの缶詰は、だいたい自販機で売られ、温かいホットな
状態で食べられるようになってきています。

豚骨ラーメンの缶詰の魅力は何といってもスープではないでしょうか?
以外に本格的。また、具材も結構おいしいです。

でも麺についてはこれは実はコンニャクです。簡単に言えば糸
こんにゃくですね。これは普通の麺にすると伸びてしまうからです。
まっ、当然ではありますが(笑)

そのため麺が延びる心配がないのです。しかし以外に味もしっかりと
染みています。

大体の商品にはフォークが付いているので、そのまますぐに食べる
ことができます。

豚骨ラーメンの缶詰は、さすがにラーメン屋さんのラーメンの味には
かないませんが、小腹が空いたときのおやつ代わりや非常食にとても
重宝するのではないでしょうか?
posted by 九州豚骨ラーメン at 09:27 | ラーメン小話

五木の魚介豚骨つけ麺

五木食品株式会社というと熊本県熊本市にあるインスタント
ラーメンを製造販売している会社です。

会社が九州にあるからでしょうか?この五木食品の得意と
しているラーメンは豚骨系のラーメンです。(たぶん・・・)

どの商品もインスタントながら作ると本格的なラーメンのようで
おいしいです。

麺は乾麺ですが、スープの素は液体なのが特徴です。

このメーカーからつけ麺も出ていたので買って食べてみました。

つけタレは濃厚魚介豚骨味です。

2012011818290000.jpg

麺はゆでて戻すとつけ麺に合う太麺でタレは魚介の風味がする
濃厚なタレでとても美味しいです。

これでインスタントなら十分過ぎるほど美味しくかなりレベルの
高い商品だと思います。

ただ麺がとても太い乾麺ですので茹で上がるまでに8分掛かります。
私の知る限りでは、インスタントでは最長ではないでしょうか?

しかし、茹で上がった麺はコシがあり、太いため食感も良く
美味しいです。

店頭で見つけたら是非、お試しください。尚、スープが無いため
一人で2人前ぐらいは食べれると思います。

私は今回3個もかいましたけど・・・(笑)

posted by 九州豚骨ラーメン at 17:50 | 熊本県

博多ラーメンの麺はなぜ細い?

豚骨ラーメンといえば博多ラーメンではないでしょうか?
事実全国的にも名が通っていて有名ですよね。

ところででなぜ博多ラーメンの麺はなぜ細い?のでしょうか
これは早く麺が茹でることが出来るように工夫された麺なのです。

早く茹でることが出来るように加水率も低くなっています。

こうすることで早くお客さんにラーメンを提供することが出来ます。
まっ、商売をする立場から言えば早くラーメンを提供しお客さんの
回転を良くした方が効率が良いですからね。

お客さんの立場から見ても早く提供されるメリットがあります。

こういった理由から加水率の低い細めんが生まれたと言われています。

麺の茹で具合で硬さを調整することも出来ます。大体5段階ぐらい
あります。注文する時は超硬めが好きな方はお店にもよりますが
「ハリガネ」とかその下は「バリカタ」とか言う感じです。

完全に茹で上がるまでにそれほど時間が掛からないので麺の硬さ
の調整は数秒単位で行われます。

この博多ラーメンのデメリット・・・つまり欠点は麺が早く茹で
上がる反面に伸びやすいことです。

なので大盛りラーメンにすると食べているうちに麺が伸びて
しまうため大盛りというスタイルをとる店は少なく
替え玉というスタイルのお店が多いです。

替え玉というのはデメリットを克服するために出来たようですね。

替え玉にするときは硬さを変えて注文してその違いを楽しむ
のも良いかも知れません。

posted by 九州豚骨ラーメン at 11:23 | ラーメン小話

屋台のラーメン屋さん

チャルメラとか夜鳴きそばという移動する屋台のラーメン屋さんや
軽トラックの荷台を改造した物や荷車を改造したものテントでの
営業をする屋台のラーメン屋さんなど昔は屋台のラーメン屋さんが
たくさん有ったと聞いています。

つまり近年になっては減っているようです。創業当時は屋台からで
現在はちやんとしたお店を構えて営業しているところもあります。

では、なぜ減ってしまったのでしょうか?僕はあまり詳しくは
無いのですがこの屋台による営業が減ったのは規制が厳しく
なったからと言うふうに聞いています。

例えば、衛生面とか道路交通法などのようです。

確かに衛生面は気になるところですね。昔に子供の頃に親に
連れられて行った軽トラックの荷台を改造した屋台の
ラーメン屋さんの話ですが、使った食器・・・
つまり、ドンブリはバケツに貯めてあるお水でゆすぐ程度に
洗っていただけでした。

もちろんそのバケツの水は営業中に替えることはありませんでした。
そもそも水道が無かったのですから。かなり昔の話ですが
今考えるとやはり不衛生ですよね。

もちろん現在は規制がありそれにそって営業をされているようです。

しかし、こういった昔ながらの良いものはいつまでも残してほしい
と思います。

posted by 九州豚骨ラーメン at 18:08 | ラーメン小話

豚骨ラーメンのスープはなぜ白いのか?

今回はちょっとしたラーメンに関する雑学です。素朴な疑問かも知れ
ませんが、なかなか人に聞けないこと。たとえ聞いても聞かれた人も
以外に知らない知識です。

それは「豚骨ラーメンのスープはなぜ白いのか?」ということです。

豚骨を煮込むと白い旨味のエキスが出てくるという風に思っている方も
いるかも知れませんね。まっ、実際のところ私も以前はそんな風に
思っていましたから(汗)

実は豚骨ラーメンのスープが白いのは豚骨の中にあるゼラチンと
いう物が煮込まれることででてきます。

これ自体は白くはありません。ちなみにこのゼラチンというのは
コラーゲンであり美容と健康にいいと言われていますね。

たまに豚骨ラーメンはコラーゲンタップリなんて言うのを目にしますが
そのためです。

話がそれてしまいましたが、このゼラチンが強火で煮込まれることで
脂と混ざり合い白く濁るのです。この白濁した状態を乳化といいます。

油というものは水より軽いため混ざることは無いのですが乳化する
ことで水に溶けます。そのため白く濁った状態になるから
豚骨ラーメンのスープは白いのです。

どうです、今回はとても役にたったと思いませんか?
では次回をお楽しみに。
posted by 九州豚骨ラーメン at 12:28 | 九州ラーメン情報

長浜ラーメンとは?

九州の長浜ラーメンというのは一体どんなラーメン
でしょうか?

豚骨の博多ラーメンなら知っているけど、同じ九州でも
長浜ラーメンは知らないという方もいるかも知れませんね。

では、どういったものか教えましょう。じつは長浜ラーメン
というのは博多ラーメンと同じ物なのです(笑)

まっ、同じ物なのですが地方で呼び名が違うだけで長浜付近
では長浜ラーメンというのが一般的です。

極細麺で、豚骨から取ったスープそして大体麺はお代わりの
出来る替え玉というシステムがあります。

この替え玉というのは極細麺のため最初から大盛りにすると
麺が伸びてしまうための対策だそうです。

もともと極細麺にしたのは早く麺が茹でれることでお客さん
の回転を良くするためだそうです。

posted by 九州豚骨ラーメン at 20:35 | 長浜ラーメン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。