屋台のラーメン屋さん

チャルメラとか夜鳴きそばという移動する屋台のラーメン屋さんや
軽トラックの荷台を改造した物や荷車を改造したものテントでの
営業をする屋台のラーメン屋さんなど昔は屋台のラーメン屋さんが
たくさん有ったと聞いています。

つまり近年になっては減っているようです。創業当時は屋台からで
現在はちやんとしたお店を構えて営業しているところもあります。

では、なぜ減ってしまったのでしょうか?僕はあまり詳しくは
無いのですがこの屋台による営業が減ったのは規制が厳しく
なったからと言うふうに聞いています。

例えば、衛生面とか道路交通法などのようです。

確かに衛生面は気になるところですね。昔に子供の頃に親に
連れられて行った軽トラックの荷台を改造した屋台の
ラーメン屋さんの話ですが、使った食器・・・
つまり、ドンブリはバケツに貯めてあるお水でゆすぐ程度に
洗っていただけでした。

もちろんそのバケツの水は営業中に替えることはありませんでした。
そもそも水道が無かったのですから。かなり昔の話ですが
今考えるとやはり不衛生ですよね。

もちろん現在は規制がありそれにそって営業をされているようです。

しかし、こういった昔ながらの良いものはいつまでも残してほしい
と思います。

posted by 九州豚骨ラーメン at 18:08 | ラーメン小話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。